1925年の第2回全国労働大会の後、全国の労働者階級を指導する統一機関として創設された中華全国総公会の跡。 副委員長に劉少奇を迎え、一時、全国の労働運動の策源地となった。国民党左派の廖仲凱が暗殺されたのもこの場所で、 現在その記念碑が建っている。市内越秀南路89号。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す