1931年11月18日、関東軍の手引きで天津を脱出した廃帝溥儀は、営口から湯崗子温泉を経て、 旅順のヤマトホテルにいったん腰を落ち着けた。翌年2月、関東軍参謀板垣征四郎大佐がここを訪ねてきて、 溥儀に面会。正式に満州国への参加を要請した。そのさい皇帝の椅子を与えられるものとばかり思っていた 溥儀は皇帝ではなく執政という条件を聞いて激怒したという。旅順駅の西側市街。かつての鎮遠町にあった。

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す