解放戦争の勝利を決定づけた遼瀋、平津、淮海の3大戦役は、1948年9月に開始された。 そのひとつ淮海戦役は徐州を中心に展開され、その勝利によって長江以北はほぼ共産党の勢力下に入った。 ここは、その淮海戦役を記念してつくられた歴史陳列館。高さ40メートル近い淮海戦役烈士記念塔が立っており、 館内には人民解放軍が使った武器や戦車をはじめ、前線を支援した一般民衆が使った手押し車など、 当時の戦闘の様子を伝える遺品が多数展示されている。市内南部、鳳凰山のふもとにある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す