辛亥革命の福州奪回戦役の際、革命軍側の攻撃陣地と前敵総指揮部が設けられた場所。1911年11月9日未明、 革命軍は発砲を合図に総攻撃を開始、軍署と八旗兵が集まっていた于山山麓の旗下街を砲撃によって壊滅させ、 清朝軍の手から福州を再び奪回した。なおその際、政府軍の朴寿将軍は、大士殿の西側にある練丹井の近くで殺害されたという。福州市の中心部の于山・大士殿にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す