清末の革命家・陶成章の墓。光復会の指導者として浙江を拠点に活躍した陶成章は、1907年の挙兵計画発覚後は、 日本へ亡命し、同盟会幹部となった。だが、しだいに孫文と対立するようになり、独自の分派活動を推し進めた。辛亥革命後、 浙江都督に任じられたが、当時滬(上海)軍都督だった陳其美と意見が合わず、1912年1月、蒋介石がさしむけた刺客に よって上海で暗殺された。浙江杭州市の西部、南天竺(龍井路)の演福寺にある。
ストリートビューは紹興市にある生家。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す