天長節事件の現場跡。1932年4月29日、天長節(天皇誕生日)を祝って日本軍による大観兵式が 虹口公園で催された。この際、祝賀会の式台に突然、爆弾が投げつけられ、壇上に並んでいた 白川義則大将はこの時の傷がもとでのちに死亡、重光葵公使は右足切断の重傷を負った。爆弾は水筒に擬装されていたという。犯人は朝鮮独立党の志士尹奉吉。朝鮮独立党は、ソ連および中国共産党との結びつきが指摘されており、また満州事変の解決をめざして交渉中だった上海停戦協定の締結直前に発生した事件でもあり、背後に日中の全面衝突を望む勢力のいたことがうかがえる。場所は虹口公園。

 

 

ここにも中共の影 第一次上海事変も中国共産党の策謀だった可能性が‥

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す