四川巴県出身の革命家鄒容の墓。日本留学から帰国した鄒容は、1903年、清朝打倒を 呼びかけるパンフレット『革命軍』を執筆。内外の知識人や青年に大きな影響を与えた。同年6月、 反政府系の新聞記事に皇帝に対する不敬な表現があったとする『蘇報』 事件に連座して逮捕され、 禁固2年の刑を言い渡された。だが、1905年4月、刑期を終える前に獄中で病死した。享年21歳 であった。 上海県華けい鎮の西部にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す