赤坂の内田良平宅で行われた同盟会結成準備式には、かなりの数の革命家が集まったと伝えられている。ところが、あまりに大勢の人間が詰めかけたため、会の途中、床が突然抜けるというハプニングが起こった。その瞬間、革命家たちの顔色がさっと曇った。いくら進歩的な革命家たちとはいえ、当時の迷信からも完全に自由であったわけではない。「床が抜けるなど不吉な…」誰もがそう思ったからである。だが、そこはさすが孫文。「清朝の屋台骨をぶち抜いたぞ!」ととっさに機転をきかしたため、一同はかえって気勢をあげたという。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す