0

志士の碑跡

日露戦争直前、破壊工作に従事した日本人軍事探偵の記念碑が建っていた場所。1904年、横川省三、沖禎介ら特別任務班の2人は、 チチハル西方、嫩江にかかるフラルジ鉄橋を爆破するため満州に潜入、目的地点まであと一歩というところでロシア軍のパトロール隊に 発見され、ハルピン郊外で銃殺された。満州事変後、銃殺場所に「志士の碑」が建立され、日本の敗戦前までは大勢の日本人観光客で にぎわったという。黒竜江省ハルピンの中心から東北へ約1キロほ ど行った郊外の小高い丘の上にあった。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す