大世界

上海の暗黒街の大ボス杜月笙らが経営していた一大歓楽場。アヘン吸引所から賭博場、売春宿など、 東洋の魔都上海にあるすべての娯楽と背徳がつめこまれていた。新中国成立後は、人民娯楽場、 上海市青年宮と名をかえてきたが、現在は再び「大世界」の名にもどった。ダンスホールやカラオケルーム、 コンサートホールなどがある。

工部局

もともと都市づくりの土木工事をおこなう役所だった工部局は、その後、租界の徴税権をにぎり、 やがて事実上の行政機関となった。現在、上海市のいくつかの政府機関がはいっている。

 

パブリックガーデン

黄浦公園
黄浦公園

解放前、「犬と中国人は入るべからず」という侮辱的な立て札があったことで有名な 旧パブリックガーデン。現在は、黄浦公園と呼ばれている。最近、全面改修されたこともあり、 かつての面影はあまりない。

 

虹口公園

今の魯迅公園。虹口と呼ばれるこのあたりは、かつて大勢の日本人が生活していた地区である。

 

ガーデンブリッジ

上海のシンボルともいえるのが、蘇州河にかかるこのガーデンブリッジ。中国語では外白渡橋といい、 一説によると「外国人は無料で渡れる橋」という意味らしい。

 

上海ブロードウエーマンション

shanhai_bmansion

現在の上海大廈ホテル。かつて、ガーデンブリッジとともに上海のシンボルとされた建物で、 有名な女性スパイ川島芳子が常宿としていたという。また日本軍の物資調達を担当した児玉機関が おかれていた。

 

キャセイホテル

上海に君臨したユダヤ系財閥サッスーン一族が所有するホテルで、支那事変当時、 各国の外交官やスパイが互いに情報収集にしのぎをけずっていた。現在は、和平飯店北楼となっている。

 

香港上海銀行(匯豊銀行)

上海の経済を支配した銀行で、いわば当時の帝国主義のシンボル的存在。現在は、 上海市人民政府と上海市共産党委員会の建物となっている。

 

四馬路(スマロ)

1980年代の上海の街並
1980年代の上海の街並

かつて「夢の四馬路か虹口か」とうたわれた上海きっての歓楽街四馬路は、今の福州路にあたる。 ちなみに南京路が大馬路(ターマーロ)で、ここから南へ平行に走る道路を順に、二馬路(九江路)、 三馬路(漢口路)と呼んだ。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す