1936年4月、賀龍らが第2方面軍を率いて金沙江を渡った場所。「賀龍、石鼓を敲く」 という伝承が語り継がれている。渡し場に、渡江紀念碑と資料の陳列室がある。昆明の西北、 麗江納西族自治県の県城西方の金沙江河畔にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す