かつて満州を支配したロシアが、そしてのちには日本が監獄として使っていた建物。伊藤博文を暗殺した朝鮮人・安重根も ここに収監されていた。現在、抗日烈士記念館となっており、なかには外国人烈士としてただひとり安重根の資料が展示されている。また 安が収監されていた監房の壁には、安がみずから刻んだという「朝鮮愛国之使安重根」の文字が残されている。遼寧省旅旅順市、旅順口地区にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す