ロシア極東艦隊の拠点港であり、多くの要塞に守られていた旅順は、日露戦争の際、最大の激戦地となった場所。1世紀近くたった 現在も多くの戦跡が残されている。なかでも203高地は、旅順攻略のかなめとなった場所で、乃木大将らが大きな犠牲をはらって占領しようとした ところである。また湾をのぞむ周囲の山上には、望台砲台跡や東鶏冠山保塁跡など、当時の要塞跡が今も往時のまま残っている。旅順口地区にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す