毛沢東の長征軍は、四川の大湿地帯をようやく脱けた1935年9月、 断崖絶壁にはさまれた天険のあい路、臘子口にさしかかった。長征軍は、待ち伏せしていた国民党軍を 激戦のすえ撃破し、次の目的地である六盤山へと向かった。毛沢東は、のちにこのときの勝利を 「更に喜ぶ岷山千里の雪、三軍過ぎてのち尽く(ことごとく)開顔(わらう)」と詩に 詠んでいる。甘粛省蘭州の南、四川に接する迭部県の県城西北約120キロ、岷山山脈に属する迭山山中にある。現在、臘子口戦役記念館が建っている。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す