1935年2月、遵義を出発した紅軍は、ここで敵軍と最初の激戦を繰り広げた。古くから戦場となった天険で、 そのさい毛沢東が詠んだ「秦娥を憶う婁山関」という詩を彫った碑が建てられている。遵義県の大婁山にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す