1926年3月18日、北京市内で日本の内政干渉に抗議する学生らがデモを行った際、時の権力者段祺瑞がこれを弾圧、 47人が虐殺され、200名以上が負傷するという事件がおこった。ここは、その三・一八事件で犠牲になった47名の遺体を葬った 陵園で、市内海淀区の円明園の西南隅「九州清宴」遺址にある。犠牲になった学生のなかには魯迅の教え子もおり、 魯迅は『花なきバラ』という文章のなかで「これはひとつの事件の結末ではない、発端なのだ」と怒りを表現している。 墓碑は高さ9メートル、六角形をした大理石で、正面には「三一八烈士公墓」の7字が刻まれている。 331路バス終点下車。または365路バスで円明園下車。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す