西安における中国共産党の出先機関だった場所。1936年の西安事件によって第2次国共合作が成立すると、 翌年5月、中国共産党はここに「紅軍連絡所」を設置。その後、紅軍が国民党第八路軍と改称されたため、 「八路軍西安弁事所」と改称した。延安入りを希望する人々へのビザ発給業務はここで行われ、支那事変期間中、 多くの青年たちが延安へと入った。解放区の医療に献身したカナダ人医師ノーマン・ベチューンや 共産党の活躍を報道した何人かの外国人ジャーナリストもここを経由して延安へ潜入した 。内部はいくつかの部屋にわかれ、それぞれ当時の資料や写真、文物などが陳列されている。 一角に秘密の地下室があり、国民党の監視下にあった当時の緊迫した状況がうかがえる。西安駅の近く、 北新街の七賢坊にある。

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

One thought on “八路軍西安弁事所紀念館”

コメントを残す