北伐軍が武漢に北上した1927年、毛沢東によって開設された農民学校跡。講習所には、 近隣の省からあわせて800人余りの学生が入学し、卒業後はそれぞれの郷里で農民運動の指導者として巣立っていった。なお、ここは清代末期に張之洞が開設した北路学堂の跡でもある。武昌の紅巷13号。武漢長江大橋の武昌側 たもとの臨江大道を北に行ったところにある。【関連史跡】講習所のすぐ南に当時、毛沢東が住んだ旧居がある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す