1939年5月から9月にかけて満州国とモンゴル人民共和国との国境地帯で戦われた戦争。日本では一般にこれを「ノモンハン事件」と称しているが、モンゴルでは、戦場がハルハ河付近だったことから「ハルハ河戦争」と呼んでいる。

当時、満州国と日本は、モンゴルと満州国との国境線をこのハルハ河と決めていた。ところが、モンゴル側はハルハ河から満州国側に入った地点を国境線とみなしており(これは歴史的にみてモンゴル側の主張が正しかったという説がある)、5月12日、 突然越境して陣地を構築し始めた。これを迎え撃とうとして関東軍と満州国軍が出動、ここに数カ月にわたる悲惨な戦いが開始されることとなった。

モンゴル軍はソ連軍の支援を得て、 戦車や飛行機を含む圧倒的な機甲軍団を投入。対する日本側は貧弱な装備しか持たない上に辻政信参謀の作戦ミスなどもあり、火炎ビンなどほとんど素手同然でソ連軍の重戦車に立ち向かわねばならなかった。犠牲者の増大を懸念した陸軍中央は、関東軍に対して再三、戦闘中止を要請するも辻政信少佐は「北辺の些事は関東軍に依頼して安心されたし」と返電、なおも無謀な戦いを続行しようとした。

しかし同年9月ナチスドイツが、突如、ポーランドへ侵攻、第2次世界大戦が始まると日ソともにノモンハンのような局地戦にかかずらっている余裕がなくなりまもなくモスクワで停戦協定が結ばれた。ここに日本側犠牲者の数1万8000名ともいわれるノモンハン事件がようやく終結した。

中国側に最も近い都市はハイラルの西南、約150キロほどの新巴尓虎左旗。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す