南昌で蜂起した共産党軍は、革命の根拠地広東へ向かう途中の1927年9月、汕頭付近で蒋介石系の 国民党軍に迎撃された。敵の目をかいくぐり、いったん集結した共産軍の指導者は、10月1日、 ここで会議を開き、各部隊ごとに分かれて行動することにした。一部は、彭湃に率いられ、海陸豊地区に入り、 中国初のソビエト政権を樹立。別の一部は朱徳に率いられ、毛沢東の待つ井崗山へと向かった。広東東部、 汕頭に近い普寧県の流沙鎮、流沙教堂にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す