下関から中山埠頭にかけては江東門と並んで多くの中国人が殺害された場所。 中国側によれば1937年12月16日から18日にかけて、数万人にのぼる市民がここに連行され、 機銃掃射で殺害されたという。しかし、実際には戦線を離脱して逃げようとした中国兵を国民党の督戦隊(前線部隊の逃亡を防ぐための部隊)が射殺したために起こった事件だともいわれる。長江をのぞむ中山埠頭の近く。

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す