0

満鉄社宅

「満州国」成立後も社会のあらゆる面で絶大な影響力を持っていた満鉄。 そこで働く日本人社員には破格の待遇が約束されており、そのひとつが豪華な社宅であった。煉瓦造り、2階建ての瀟酒な外観を持つ満鉄社宅は、 現代の日本人にとってもなお豪邸というにふさわしく、当時の国内における住宅事情の貧しさを思えば、 多くの日本人にとって満鉄社宅はまさに植民地でしか手に入れることのできない夢の豪邸 であったに違いない。かつての新京駅前から西広場付近まではほぼ満鉄社宅で埋めつくされていた。

 
[ad#adsense]
 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す