革命前、中国大陸を走っていた蒸気機関車を集めたユニークな鉄道博物館。展示品のなかには、満州国時代に活躍した特急「あじあ号」(機種名パシナ)の姿も見える。あじあ号は、最高速度110キロという当時世界でも最高クラスの速度を誇る蒸気機関車で、その流線型のスマートなデザインとともに新生「満州国」のシンボルとされていた。瀋陽の南郊、蘇家屯。交通は、瀋陽駅前から327路のバスで大官房下車。

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す