日本の植民地統治時代、韓国人革命家らが上海に樹立した亡命政府跡。1919年4月10日、三・一独立運動で揺れる 朝鮮半島から上海に亡命してきた韓国人活動家30人は、李承晩を臨時大統領とする「大韓民国臨時政府」の樹立を宣言した。その具体的な活動内容については異論もあるが、いまの韓国政府によればパリ講和会議に代表団を送り、日本の植民地支配の取り消しを訴えるなどの活動を展開したという。 日本敗退後に生まれた韓国政府は、この亡命政府の流れをくむものとされている。馬当路306号。復興公園と淮海公園の間にある。 中共一大会址の近く。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す