威遠砲台
 

南の玄関口広州を防衛するため、珠江沿岸につくられた要塞跡。虎門要塞はもともと康煕帝の時代に築かれたものだったが、アヘン戦争前夜、欽差大臣林則徐と水師提督関天培によって拡充、整備された。当時は沙角砲台、大角砲台、威遠砲台などあわせて11の砲台が設置されていたが、現在は、沙角砲台と威遠砲台のふたつだけが歴史の風雪に耐えて残っている。広東省東莞県の南方、沙角にある。

【関連史跡】 付近の沙角公園内に、林則徐紀念碑がたっている。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す