現在の延辺朝鮮族自治区はかつて「間島省」と呼ばれていた。その間島省を支配するために日本が設置した総領事館跡。 現在は、龍井市委市政府大院となっている。満州事変前夜の1930年5月、朝鮮人共産主義者による一斉蜂起、いわゆる間島共産党暴動の際、襲撃対象となった建物でもある。龍井市、吉勝街東北端北側。

 

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す