1935年5月、紅軍がこの地を通過したさい漢民族に敵意を抱く彝(イ)族に包囲された。交渉の任に当たった 総参謀長の劉伯承は、酋長の小葉丹と会談。中国共産党の民族政策を説明し、 紅軍は決して少数民族の敵ではないことを訴えた。彝族の長は納得し、約束の証として鶏の血をすすり合い、 劉伯承と義兄弟の契りを交わした。貴州省免寧県県城から約30キロほど離れた旋烏郷にある。ストリートビューは劉伯承と小葉丹の銅像がある西昌市内の交差点。

 

 

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す