「鎮南関の戦い」で活躍した馮子材の生家。馮子材は清朝末期の将軍で、欽州の出身。一兵卒から身を起こし、太平天国鎮圧の功に よって広西提督にまで昇進した。64歳で退官し、郷里へ戻ったが、清仏戦争が始まると地元の団練(自衛軍)を率いて鎮南関でフ ランス軍を 撃退した。広西壮族自治区欽州市内。欽州の近く。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す