中国革命史上、重要な転換点となった西安事件の現場跡。1936年12月12日の早朝、張学良の部隊が突如、 蒋介石の宿舎を襲撃。逃げようとした蒋をこの場所で捉えた。張学良は蒋介石を監禁して、 共産党との連携と一致抗日を迫ったが、蒋介石はこれを拒否。その後、延安から周恩来が説得 におもむくとようやく妥協がなり、事件は一応平和裡に解決された。この事件をきっかけに翌年、 第2次国共合作が成立した。市の東北郊外、楊貴妃と玄宗皇帝のラブロマンスで有名な 華清池の裏山の中腹にある。麓にある「五間亭」は当時蒋介石が宿泊した建物で、 窓ガラスには今も弾痕が残っている。

 

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す