アヘン戦争時に活躍した農民義勇軍『平英団』の戦死者をまつった祠跡。1841年5月、イギリスの侵略に抗して立ち上 がった農民義勇軍『平英団』は、牛欄崗で激しい戦闘を繰り広げた。そのさい犠牲になった20人あまりの兵士をしのんで 建てられたのがこの祠で、広東省広州市の北郊、石井橋の近くにある。なお現在の祠は、太平天国の乱後に建て直されたもの。また近くに 昇平社学跡がある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す