袁世凱とその家族
袁世凱とその家族

北洋軍閥の実力者袁世凱の陵墓。袁世凱は辛亥革命の後、孫文から中華民国臨時大総統の地位を奪うと1915年、 帝制復活を宣言。自ら皇帝になろうとした。だが、全国民の非難にあい、翌年6月失意の中、北京で死去した。その後、 北洋軍閥政府は、遺言にもとづき2年の歳月と150万両の銀をかけ陵墓を造営した。参道に石像を配したその陵墓は、 歴代皇帝の墓を思わせる豪壮なもので、別名「袁林」とも呼ばれる河南省安陽市内東北部、安陽河の北岸にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す