アヘン戦争

中華帝国の落日と近代ヨーロッパの挑戦

十七世紀なかば、衰退した明朝にかわって中国を統治していたのは清朝だった。長城の北に興った満州族による征服王朝であった清朝は当初こそ、多数派である漢人から執拗な抵抗を受けたものの、歴代の君主が英明だったこともあり、やがて中華帝国の衣鉢を継ぐ正統な王朝として認められるようになった。さらに十八世紀後半の乾隆帝の時代には西モンゴル、新彊、台湾をつぎつぎと服属させ、中国史上最大の領土を形成するまでになった。

いっぽう、そのころヨーロッパでは産業革命が起こり重商主義から近代資本主義へと時代の歯車が大きく回転し始めていた。先頭に立っていたのはイギリスである。当時、すでにインドを植民地としていたイギリスは綿織物業を基幹産業として急速に発展していたものの、そこには早くも資本主義特有の問題が発生していた。国内市場が狭く、次々と生産される商品をさばき切れないという問題である。そこで、イギリスがインドの次に目をつけたのが巨大な中国市場であった。

しかし、そうしたイギリスの前には大きな壁が立ちはだかっていた。朝貢貿易という中国独特の貿易システムである。中国には、中国こそが世界の中心であり周辺の国々はすべて中国の属領である、とする中華思想がある。この中華思想によれば、外国の国王はみな中国皇帝の臣下であるから定期的に贈り物をもって中国皇帝に朝貢しなければならないし、またこれに対して中国皇帝は見返りとしてそれ以上の品物を「下賜」 するものとされている。これがその朝貢貿易の仕組みである。

もっともその当時、民間人同士の貿易がまったく行われていなかったわけではない。清朝は原則として海禁政策をとっていたが、広州一港に限っては 外国商人との貿易を認めていた。そのため外国商人がこの広州貿易を通して商取り引きを行うことは可能だったのである。だが、これも清朝政府にいわせれば朝貢貿易の例外的な一形式に過ぎないものであり、その証拠にこの広州貿易には多くの制約が課されていた。

たとえば、外国商人は清朝政府が認めた行商とだけしか取引ができない、広州には一年のうち夏から初冬にかけての4ヵ月しか居住することができない、それも広州の一角に設けられた特別居住区から一歩も出てはならない、婦女子を連れてきてはならない、といった制約である。 しかしこれでは外国商人にとって不便でしようがない。しかも当時、イギリスが中国から買っていたのは主に茶と絹であり、それに対してイギリスが中国に持ち込んだのは本国産の毛織物の他、時計、玩具、インド産の綿花などであったが、しかしこれらの品物だけでは中国製品を十分に買うことができなかった。その上、イギリス本国における茶の消費量はうなぎのぼりに増えるいっぽうだったので、茶の支払いに当てる銀が大量に中国に流出することになり、その結果、イギリスは大幅な貿易赤字に悩むこととなったのである。

イギリスのアヘン貿易

困ったイギリスは現状を打破するため1793年、マカートニーを北京に派遣した。不便な広州貿易を撤廃し、自由貿易を原則とする市場開放要求をもって交渉を試みるためである。ところが貿易といえば伝統的な朝貢貿易しか認めない清朝政府はイギリスの要求を頭から拒否。マカートニーの要求は一顧だにされなかった。

「天朝の産物は豊富であり、これといってないものはなく、外国の産物は中国にとって必需品ではない。ただ、天朝に産する茶、陶磁器、絹などは西洋各国の必需品である。だから、特別に広東において貿易をゆるし、天朝の余沢にうるおわしめているのである」

これが清朝側の言い分であった。

その後、1816年にはマーストを団長とする使節を再び北京に派遣したが今度は謁見すら許されず、追い返される始末だった。

だが、貿易赤字という差し迫った問題を抱えるイギリスはそのまま引き下がるわけにはいかない。そこで奸計をめぐらしたイギリスはひとつの妙案をひねりだした。それはインド産アヘンを中国に輸出して茶の代金にあてるという方法である。

アヘンはケシの実からとれる麻薬の一種で、吸飲すると陶酔感、至福感にひたれるが、常用すれば中毒症状をおこし精神も肉体もボロボロに冒され、最後には廃人となってしまう恐ろしい毒物である。しかしイギリスが大量のアヘンを中国に持ち込むとアヘン吸飲の風習は、上は高級官僚から下は一兵卒にいたるまで社会の各層に広がるようになった。それとともにアヘンの輸入量も飛躍的に増大、やがてその支払いには茶や絹の輸出だけでは追いつかなくなった。こうして1820年代には貿易収支はついに逆転、大量の銀が中国からイギリスへと流出することになった。その間、清朝は何度も禁止令を出してアヘンを取り締まろうとしたが、腐敗し切った官僚たちはこれを見逃し料ーーつまり賄賂のつり上げに利用しただけで何の効果も奏さなかった。

林則徐の登場

だが、アヘン問題は貿易問題である以上に深刻な社会問題でもあった。そのため当時の中央政界では、このアヘン問題をめぐってさまざまな論議が交わされた。大官のなかにはアヘン弛禁論を提議するものもいたが、その一方で「密売するもの、吸飲するもの、いずれに対しても厳罰をもってのぞみ、とくに官吏でアヘンに手を染めたものは極刑を与ふべし」という厳禁論も主張された。その代表的な論者が林則徐であった。こうしたなか、厳禁論へと傾いた時の皇帝、道光帝はついに決断を下した。1839年、アヘン密輸を取り締まるべく林則徐を欽差大臣(全権大臣)に任命し、広州へと派遣したのである。

広州に到着した林則徐はただちに外国商人に対し、アヘンの提出を命じた。だが林則徐を他の腐敗した清国役人と同様に見ていた外国商人はこの強硬策もワイロのつりあげが目的であろうとタカをくくり、なかなか応じようとしなかった。そこで林則徐は、提出日の期限切れを待って外国商館のある一三行街を封鎖。水や食糧の供給を絶ってしまった。ことここにいたってはやむをえない。外国商人たちはしぶしぶ約二万箱のアヘンを差し出した。

「うまいこといって林則徐は手に入れたアヘンを横流しして儲けるに違いない」。そんな外国商人の陰口を尻目に、林則徐は没収した アヘンをすべて虎門海岸へと運び込ませた。そして、あらかじめしつらえた人工池にアヘンを投入、そこに塩と石灰を加えて薬効を消し、公衆の面前で海へ流してしまったのである。その上で林則徐は外国商人に「二度とアヘンを持ってこない。持ってきたら死刑に処されても文句は言わない」という誓約書に署名するよう強く要求した。

これに対し、アメリカ人やポルトガル人はすぐに応じたものの、イギリス人だけは頑として応じなかった。それどころか、対清強硬派の貿易監督官チャールズ・エリオットは、イギリス商人を全員広州からマカオへ引きあげさせ、脅しをかけた。だが、イギリス一国が勝手に引きあげたところで清国にとっては痛くもかゆくもない。林則徐はついでにマカオからも退去するようイギリス側に勧告した。にべもない態度だった。

ついにアヘン戦争開戦

両国間の緊張が高まるなか、ジャーディン、マセソンらの働きかけによってイギリス本国でも「清国應懲論」を叫ぶものが増えてきた。やがて應懲論に傾いたイギリス議会は1840年2月、ついに清国に対する武力攻撃を決定した。「これほど恥さらしな戦争はない」 と議会内でも反対の論陣を張るものも少なくなかったが結局、わずかの差で可決された。

同年六月、ジョージ・エリオットを総司令権全権使節とするイギリス艦隊が広東沖に到着した。同艦隊はただちに広州湾を封鎖し、ここに阿片戦争の火ぶたが切って落とされた。

イギリス艦隊は清国側の裏をかいて防備の固い広州を迂回し厦門を攻撃した後、北上し、寧波沖の舟山列島を占領した。さらにそのまま大沽から白河をさかのぼって北京をうかがう姿勢をみせた。のどもとにあいくちを突きつけられ、大恐慌をきたした清朝政府はそれまでの強硬姿勢を転換。事件の責任者である林則徐を罷免するとかわりに対外妥協派の筆頭、直隷総督奇善を欽差大臣に任命し、交渉にあたらせた。

奇善は、広州で起こったことは広州で処理するといってイギリス艦隊をいったん南下させることに成功した。しかし結局イギリスの圧力に押され、香港島の割譲を含む川鼻仮条約に調印してしまうことになる。一方、イギリス艦隊が北京を離れたことにホッとした清朝政府内には再び強硬論が台頭してきた。 そうしたなか、香港島の割譲を知った皇帝は激怒し、奇善を解任した上犯罪人として新疆へ追放してしまった。

かわりに起用されたのが強硬派の奕山である。しかし、武力の裏付けのない奕山の強硬論もイギリスの強大な軍事力の前にはなんら効を奏さず、逆に広州は攻撃してきたイギリス兵による暴行、略奪の対象となってしまった。たまりかねた付近の農民が立ち上がり、 英軍千名を包囲するという「三元里平英団事件」が起こったのはこのときである。

一方、川鼻仮条約に不満なのは清朝政府ばかりでなくイギリスも同様だった。そこでイギリス政府はエリオットを罷免し、新たに ヘンリー・ポッティンジャーを全権使節として派遣、イギリス艦隊を再び北上させた。今度の戦いもイギリス軍にとっては赤子の手を ひねるようなものだった。

厦門、舟山列島、乍浦をおとしたイギリス艦隊は上海を占領後、さらに長江をさかのぼり南京城内へ向けて ズラリと砲列をしいた。中国の経済的動脈ともいうべき長江を扼されてはもはやどうしようもない。清朝政府は、南京陥落を目前にした42年8月、イギリスの要求を全面的に受け入れることを決定した。

調印式が行われたのは、長江に浮かぶ旗艦コーンウォリス号の甲板上であった。そこで欽差大臣耆英とポッティンジャーとの間で結ばれたのが南京条約である。そこで取り決められたのは、(一)アヘンの賠償を含む2100万ドルの 賠償金の支払い (二)香港の割譲、広州を含む厦門、福州、寧波、上海の五港の開港 (三)広東の特権的中国行商(公行)の廃止 (四)対等な形式による交渉の規定などであった。

さらに翌年の虎門寨追加条約により中国は関税自主権を喪失し、治外法権と片務的最恵国待遇の承認などを強制的に認めさせられた。これはその後、約一世紀にわたって中国を縛りつけることになる不平等条約体制の始まりであり、中国が半植民地体制へと転げ落ちていく最初のステップであった。

【エピソード1 婦人の尿桶でイギリス軍を撃退しようとした清軍】

エリオットに香港領有の言質を与えたために北京の怒りを買った琦善にかわって派遣されたのは、皇族の奕山とその配下の楊芳将軍であった。ところがこの楊芳将軍、どうやらかなり迷信深かったらしくイギリス軍の砲撃が正確なのは敵にも呪術師がいるからだと大まじめで信じていたらしい。

ある日、敵の呪力を弱めるのは何か、と信頼する占い師にみてもらったところ「外夷が忌むのは婦人の尿である。すなわち婦人の尿桶(便器)のふたをとり、その口を敵へ向ければ外夷の妖術はたちまち破れるであろう」と教えられた。

それを聞いた楊芳と奕山は広州到着早々、おふれを出して街中から婦人の尿桶を集めさせた。そしてそれらを大砲よろしく陣地にズラリと並べ、英国軍を威嚇したのである。しかしその尿桶がどれほど霊験あらたかだったかについてはいうまでもないだろう。

【エピソード2 上海租界の覇者サッスーン】

アヘン戦争によって上海に租界がつくられると、そこは一山あてようとする冒険好きで山師的な外国商人の巣窟となった。そうした外国商人のなかで、のちに「上海の覇者」として世界中にその名をとどろかせたのが、第一次世界大戦後にインドのボンベイから渡ってきた貿易商サッスーンである。

上海にやってきたサッスーンはインド時代、アヘンで荒稼ぎした資金を元手に不動産、ガス、電気をはじめとするさまざまな分野に手を伸ばし、そのほとんどの分野で大成功をおさめた。とくに力を入れたのが不動産で、本拠地としたサッスーン・ハウス(現在の和平飯店北楼 )をはじめ、メトロポールホテル(現在の新城飯店)、ハミルトンハウス、錦江飯店など現在の上海を代表する建物のほとんどは彼によって建てられたものであった。

一説によれば、サッスーン財閥の最盛期には一族の資産は上海全体の二十分の一を占めたともいわれる。だが、第二次上海事変が始まると、サッスーンは安全な資本の移動先を求めて南米バハマへと移っていった。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→