五四運動と国民革命

五四運動

1919年1月、第1次世界大戦の終了にともなう講和会議がパリのベルサイユ宮殿で始まると中国民衆はその結果に大きな期待を寄せた。戦勝国の一員である中国は敗戦国ドイツが山東に持っていた権益を回復し、日本の21か条要求も廃棄できるに違いないーー中国の知識人はみなそう信じていたし、国民の間にも将来を楽観する空気が満ちあふれていた。

ところが、採択された決議はそうした中国民衆の期待を無残にも打ち砕くものであった。中国が要求していたドイツの山東権益は中国へは返還されず、そのまま日本へ譲渡することが決定されたのである。

激昂した北京の大学生たちは5月4日、天安門に集結して抗議集会を開いた。参加したのは北京大学をはじめとする十余の大学と専門学校に通う学生ら約3000人。「条約調印拒否」「売国三官僚の罷免」を口々に叫ぶかれらは最初、公使館区域へ向けて平和的なデモ行進を始めた。しかし治外法権を盾に立ち入りを拒否されると方向を転じ、親日派官僚の曹汝霖邸へと向かった。曹汝霖は21ヵ条交渉の責任者で西原借款の窓口ともなった親日派官僚である。危険を察知した曹汝霖はかろうじて難を逃れたもののデモ隊はたまたま居合わせた同じ売国官僚の駐日公使章宗祥を殴打。さらにほとんど暴徒と化したデモ隊は曹汝霖邸に火を放って気勢をあげた。この日、32名の学生が逮捕された。

しかし、騒ぎはこれで終わらなかった。いやむしろここからが本番だった。翌日、学生らは各学校で次々にストライキを打ち、逮捕学生の釈放を要求、さらに市内へ出て日本商品ボイコットを呼びかけた。広がりを見せる抗議行動に驚いた北京政府は、逮捕学生をあわてて釈放したものの、運動はまったくおさまる気配を見せない。それどころ8日、9日の国恥記念日(日本の21ヵ条要求に屈した日)を契機にいっそう拡大する勢いすら見せはじめた。追いつめられた政府は再び弾圧の挙に出た。だが、これがかえって火に油を注ぐ結果となった。学生の大量逮捕に抗議して上海や天津をはじめとする全国主要都市で労働者や商人までが立ち上がったのである。

ここにきて要求を飲まざるをえなくなった政府は、逮捕学生を釈放すると同時に「売国三官僚」の罷免を発表した。 またパリ講和会議に出席していた中国代表は売国奴といわれるのをおそれ、条約の調印を拒否した。かくして民衆の勝利のうちに終結したこの五四運動は、近代中国の幕開けを告げる出来事として記憶されると同時にその後の中国の歩みにも決定的な影響を及ぼしたのである。

中国共産党の誕生

五四運動が起こった1919年と並んで1921年という年も中国の歴史にとって忘れられない年となった。この年7月、 中国共産党第1次全国代表大会が上海のフランス租界で開かれたのである。出席したのはコミンテルン代表マーリンはじめ張国燾、 李達、陳公博、董必武など全国各地から集まった初期の共産主義者たち13名。なかには湖南代表として参加した若き日の毛沢東の姿もあった。

会議が始まって5日目のことである。突然、見知らぬ男がドアを開け「失礼、部屋を間違えました」といって立ち去った。ただならぬ気配を察したマーリンはただちに散会を指示。その直後、フランス人警官の率いる租界警察が踏み込んだ時、部屋は飲みかけの茶碗を残しすでにも抜けの殻となっていた。

間一髪で難を逃れた共産主義者たちはその後、会場を浙江嘉興へ移し、南湖に浮かぶ船上で議事を再開した。この南湖会議では中国共産党の創設を正式に決議、陳独秀を初代総書記に選出した。さらにプロレタリア独裁の基本方針を採択し、ただちに革命党として労働運動の組織化に乗り出すことを決定した。決議を受けて毛沢東と李立三らは湖南の安源炭坑へ、また張国燾と鄧中夏らは京漢鉄道へと向かい、それぞれ労働組合づくりに着手することになった。

しかし労働運動工作がようやく軌道に乗り始めた翌年3月、マーリンは陳独秀ら党の指導部を杭州西湖に集め、中共党員が国民党に入って活動するいわゆる「党内合作」を勧告した。これは先のコミンテルン第2回大会で決議された「統一戦線」路線を受けたものであった。陳独秀ら指導部は当初、これに強く反対したが、労働者の絶対数が少なく党員も全国でせいぜい200名程度という現状を考えた場合、これはやむをえない措置といえた。

それに加え、翌年2月に起こった軍閥呉佩孚による京漢鉄道ストの弾圧(二・七惨案)をきっかけに労働運動だけで軍閥によるむきだしの暴力と闘うことの困難さを悟った指導部はやがて党内合作を受け入れることにした。

第1次国共合作

そのころ「統一戦線」路線を掲げるコミンテルンは、国民党の指導者孫文にも国共合作を働きかけていた。おりしも、五四運動やロシア革命の成果をみて「民衆の力」に目覚めつつあった孫文は23年1月、上海でソ連特使ヨッフェと会談。中ソ両国が革命のため互いに協力しあうことを約束した共同声明を発表した。その翌月、広州へ戻って大元帥府を成立させた孫文はボロディンらソ連の軍・政顧問を招聘し、共産党との合作に基づく国民党組織の改変に取りかかった。翌年1924年1月、改組なった国民党の第1回全国代表大会が広州で開催された。大会では「三民主義」とともに「連ソ・容共・扶助工農」の三大政策が掲げられ、ここに第一次国共合作が正式に成立した。

改組後の国民党がもっとも力を入れたのは、独自の軍隊をつくることであった。 実は意外に思えるかもしれないが、孫文はこれまで一度も自分の軍隊を持たなかった。辛亥革命でははじめ会党(民間秘密結社)に頼り、のちに新軍に頼った。さらにその後に続く反革命闘争では、軍閥に頼って別の軍閥を討とうとした。だが、 それらがいずれも失敗に終わった苦い経験から自前の軍隊が必要だと痛感した孫文は、ソ連赤軍のボロディンらのすすめもあり、黄埔軍官学校を創設。ここにきて孫文ははじめて自前の軍隊を持つことになったのである。 ちなみにその校長となったのは蒋介石であり、政治委員長となったのは周恩来であった。

一方、共産党主導の下で進められたのが労働運動と農民運動であった。なかでも注目されるのが、 澎湃らによって進められた農民運動である。澎湃は農民運動の指導者を養成する農民運動講習所を設置するとともに農民協会や武装自衛団づくりに努めた。その結果、農民の組織化も飛躍的に進み、1926年初頭には広東省内だけで62万人の農民協会員、3万人の武装自衛団を擁するまでになったという。

北伐戦争と国民革命

1924年11月、「北上宣言」を発した孫文は北京へと向かった。軍閥抗争に終止符を打ち、「国民会議」の設立を呼びかける目的だった。ところが途中、体調が悪化し、そのまま入院。翌年3月には不帰の客となってしまった。 孫文の死はいったん盛り上がりを見せた「国民革命」運動にとって大きな打撃となった。しかしそのまま運動が退潮に向かうかに見えたその矢先、それを救う事件が翌年5月に発生した。ストライキをめぐる中国人労働者惨殺事件に端を発し、上海で燃え上がった五・三〇運動である。この運動はやがて反帝・反軍閥の民衆運動として広東、香港にも飛び火。 国民党政府の所在地である広州でも連日、大規模なデモが繰り広げられた。

こうした民衆運動の高まりを背景に、蒋介石率いる国民党軍は広東に盤居していた軍閥を平定。7月1日には汪兆銘を主席とする広東国民政府を樹立した。さらに翌年7月には「北伐出帥」を宣言。 北方の軍閥を打倒する北伐戦争を開始した。

北伐軍は行く先々で民衆の歓迎を受けた。農民や労働者は北伐軍に積極的に協力し、道案内から食料・弾薬の輸送まで買って出た。さらに暴動やストライキによる後方かく乱まで行った。そうしたこともあり北伐軍は破竹の勢いで北上、10月には武漢を、11月には南昌や九江を陥落させることができた。

もちろんこうした民衆の支援の裏に共産党の指導があったことはいうまでもない。そしてそれがたしかに国民党による北伐を成功に導く上で露払い以上の役割を果たしたことも間違いない。

しかし、その一方で新たな問題も浮上してきた。暴力的な手段で地主の土地を没収したり、郷村革命政権を樹立したりするなど農民たちの中にいささか過激な動きが出てきたことである。当時農民運動の指導者であった毛沢東はそうした政策を裏で煽動するとともに、それらを革命的エネルギーの正しい発露であるとして手放しで賛辞したが、共産党指導部はこうした行き過ぎを危険視し、ブレーキをかけようとした。地主階級が多い国民党指導部から警戒され、国共合作路線が破壊されてしまうことを危惧したためである。そしてこの危惧はやがて現実のものとなるのである。

当時、国民党内部においても左右両派の対立が激しくなっていた。北伐軍が武漢を占領したあと国民政府はその首都を武漢へと移そうとしたが、これを中共による権力奪取の陰謀とみた蒋介石は南昌移転を主張。しかし先に武漢に着いていたボロディンや汪兆銘らは蒋介石の主張を無視して武漢国民政府の樹立を宣言した。こうして右派蒋介石グループと汪兆銘ら中共・国民党左派による左派グループの対立は決定的となった。

その一方で事実上の赤色政権が成立したことにより武漢からは企業主や銀行家など多くの資本家が逃げ出し、同時に失業者があふれた。さらに流入してきた大勢の軍隊や難民のせいで周辺の長江沿岸地域は急速な物価騰貴と深刻なインフレに悩まされた。かくして今やブルジョア層はもとより小市民層までもが混乱の原因は国民党による大衆闘争の行き過ぎにあるとして、労働者糾察隊や農民自衛軍の解散を要求するようになっていたのである。

上海クーデターと国民革命の挫折

またこの頃、上海でも周恩来ら共産党グループの指導で労働者が立ち上がり軍閥を追放し、新たに労働者を中心とした上海臨時特別市政府ー赤い政府ーが樹立されていた。こうした中、北伐というよりまるで共産主義革命を推進しているかのような左派の過激な行動に危機感をもった蒋介石は、英米の資本家の後押しもあり左派切り捨てを決意する。

4月12日、上海に入城した蒋介石軍は突如、その矛先を特別市政府へと向けた。同時に暗黒街を牛耳る青幇と結び、上海総工会など左派系諸団体の拠点を急襲した。世にいう四・一二反共クーデター である。これによって5000人あまりの労働者糾察隊を含む大勢の民衆が虐殺された。その後、南京に国民政府を樹立した蒋介石は全国各省で「赤狩り」を指示。各地の軍閥もそれに乗じ、中国全土で白色テロの嵐が吹き荒れた。この赤狩りの最中、中国共産党創設者の一人李大釗らも張作霖の弾圧によって北京のソ連大使館に隠れていたところを見つかり処刑された。

武漢政府の運命は風前の灯火となった。あいつぐ反乱事件により政府部内は混乱状態となり、その権力はしだいに有名無実なものとなっていった。やがて反共へと転じた汪兆銘ら国民党左派の指導者たちも南京政府への合流を決定すると、切り捨てられた形となった共産党は武漢政府から委員を引き揚げた。こうした混乱と対立の中、第一次国共合作は終焉を迎えたのである。

国民党による全国統一

第一次国共合作が崩壊した後も蒋介石はそのまま北伐を続行しようとした。だが、蒋介石の南軍(北伐軍)が山東半島に迫ると居留民の安全を懸念した日本政府は青島・済南へ軍隊を派遣、南軍の北上を阻止する構えをとった。また奉天軍閥系の北軍による頑強な抵抗もあり、苦戦した南軍は結局山東から押し返されることになる。

こうしたなか蒋介石は北伐をいったん停止。第一次国共合作崩壊後の国民政府内部の混乱を収拾し、体制を整えた上で翌年3月、再び北伐を開始した。

5月3日、北伐軍の一部が済南に入場すると懸念していた通り、日本人居留民に対する暴行事件が発生した。これを受けて日本政府は再度山東出兵を行い、済南を占領した(済南事件)。だが、蒋介石は日本軍との衝突を避け、済南を迂回して北上。そのまま破竹の勢いで北京へと向かった。対する北京政府側も最後の抵抗を試みたものの、勢いに乗る南軍の前にあっというまに瓦解。南軍は意気揚々と北軍の牙城北京へと入城した。かくして亡き孫文の長年の意志でもあった北伐はここに完成したのである。

一方、北京に居座っていた軍閥張作霖はいちはやく本拠地奉天への脱出をはかったものの、途中何者かの手によって列車もろとも爆殺されてしまった。この下手人については関東軍説、ソ連説、国民党説などさまざまな説が提起されているが最近、これは凌印清という漢人浪人が関東軍の河本大作とともに元清朝皇族の恭親王を擁立して引き起こした謀略であり、いわば第三次満蒙独立運動であったという説も出てきている。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→