中共湖南支部がおかれた場所。1921年秋、上海で開かれた中国共産党創立大会からもどった毛沢東と何叔衡は、 中共湖南支部を結成。翌年春、毛沢東を書記とする中共湘区委員会がここを事務所として発足した。またここは、 毛沢東が最初の妻楊開と新婚生活を営んだところでもある。かたわらに「中共湘区委員会陳列館」が併設されている。 場所は湖南省長沙市の小呉門。八一西路と清水塘の交差点。自修大学も近い。1路、3路のバスで清水塘下車。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す