土地革命期(1927~37年)の鄂豫皖革命根拠地の首府。1931年、紅軍が新州(現在の新県県城) を占領したあと、鄂東(湖北東部)・予南(河南南部)・皖西(安徽西部)の3根拠地がここを 中心にひとつにまとまり、徐向前を指導者とする鄂予皖革命根拠地が築かれた。当時の旧址が 多く残っている。中国労農紅軍の第1号機レーニン号が誕生したのもここ。大別山の山中にあり、 風光明媚。安徽に近い湖北との省境にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す