大邑劉氏荘園陳列館・収租院

この地方の大地主だった劉文彩の邸宅跡。劉文彩は、わずか6人の自分の家族を養うために100人以上の召使いを使い、…

石鼓渡口

1936年4月、賀龍らが第2方面軍を率いて金沙江を渡った場所。「賀龍、石鼓を敲く」 という伝承が語り継がれてい…

中央紅軍総部駐地旧址

1935年4月、長征途上の中央紅軍は丹桂村に駐屯し、総司令部を当所に置いた。近くの清真寺 (イスラム教寺院)の…

扎西会議会址紀念館

1935年、毛沢東の率いる紅軍は、ここに総司令部を設けた。左側の建物で軍事委員会拡大会議を開催し、 今後の計画…

長征 茅台鎮

1935年3月、紅軍はここを通って3回目の赤水河の渡河を行い、四川南部へ向かった。河畔に 紅軍渡河紀念碑と紅軍…

婁山関

1935年2月、遵義を出発した紅軍は、ここで敵軍と最初の激戦を繰り広げた。古くから戦場となった天険で、 そのさ…

中共中央負責人遵義寓所

遵義に滞在中、幹部(負責人)が起居・執務した建物。2階建ての洋館で1階には博古の、2階には毛沢東、 張聞天、王…

遵義会議旧址

瑞金をあとにした中国紅軍第1方面軍は、追撃する蒋介石軍をふりきり1935年1月、 ここ貴州遵義にたどりついた。…

楊虎城公館

西北軍を率いる楊虎城が使用していた官署。1933年の建築で主楼は円屋根、青瓦、 朱塗りの柱を持つ中国伝統の宮殿…

張学良公館

 西安事件当時、東北軍の将軍 張学良が官邸として使っていた建物。1932年に建てられたもので、 3階建ての洋風…