太平軍樅陽会議旧址

1858年5月、反撃に出た清軍は各地で太平天国軍を敗走させ、天京へと迫った。ここは、その危急存亡の秋にあたり、…

太平天国戦場跡・三河集

1858年1月、陳玉成と李秀成は清軍の精鋭約6000人を当所で包囲、全滅させた 。「三河の大勝利」と呼ばれる …

金銭会起義遺址

太平天国の乱に乗じて1861年に蜂起した金銭会の起義跡。金銭会は埠頭労働者趙起を首領とする秘密結社で、 一時は…

太平天国侍王府

侍王李世賢の王府跡。安徽・江西両省から浙江へ軍を進めた李世賢は1861年春、金華市を攻略し、ここに王府を 置い…

太平天国烈士墓

忠王李秀成率いる太平天国軍は1862年1月、2回目の上海攻撃を行った。これに対 しアメリカ人ウォード率いる常勝…

上海小刀会起義旧址

太平天国軍と清朝軍が熾烈な戦いを繰り広げていた1853年9月、上海では劉麗川を指導者とする秘密結社小刀会が、 …

太平天国輔王府

輔王楊輔清の王府跡。東王楊秀成の弟である楊輔清は、太平天国軍を率いて宜興県を攻略した際、ここに自らの王府を 設…

太平天国戴王府

戴王黄呈忠の王府跡。黄呈忠は、もと侍王李世賢下の武将だったが、のちに戦功により戴王に封ぜられた人物。建物の梁 …

太平天国護王府

護王陳坤書の王府跡。陳坤書は1860年、太平軍を率いて常州に進駐、ここを王府とし、忠王李秀成らと共同で 天京防…

太平天国忠王府

太平天国末期に活躍した忠王の王府跡。1860年6月、蘇州を占領した忠王は、江蘇南部を「蘇福省」と称し、 ここを…