第2次世界大戦終了後、日本軍兵士や漢奸(日本に協力した中国人)は、中国政府によって捕えられ、各地の収容所に入れられた。ここはそうした収容所のひとつで、満州国皇帝「溥儀」とその弟「溥傑」も中華人民共和国成立後の1950年、ソ連のハバロフスク収容所からここに移され、共産主義思想による再教育を受けた。なお、ここで行われていた再教育は、中国共産党によるいわゆる洗脳教育だったという説もある。場所は、市内の北関。

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す