カナダ共産党から派遣され、八路軍に従軍したカナダ人医師ノーマン・ベチューンがもうけた野戦病院跡。 支那事変当時の1939年、共産党占領区に侵入した日本軍とこれを迎え撃つ賀龍部隊との間で激戦が繰り広げられた。 そのさい賀龍部隊とともに前線におもむいたベチューンは、近くにあった小さな廟のなかに野戦病院をもうけ、日本軍の砲弾が降り注ぐなか傷病兵の治療にあたった。ベチューン手術室記念館が併設されている。 滄州の西、河間県の県城北約30キロの屯荘にある。

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す