ストリートビューが設定されていないので、一番近い保定市の東南にある高陽県を表示しています。
支那事変中、紅軍側で戦地医療にあたったカナダ人医師ノーマン・ベチューンが設けた病院跡。 1938年6月、この地におもむいたベチューンは、村の龍王廟を改造して野戦病院をつくり、 負傷した兵士たちの治療にあたった。ここは、その野戦病院跡で、のちに晋察冀軍区司令部によって 「ベチューン模範病室」と命名された。戦時中、日本軍によって破壊されたが、新中国成立後、 現状どおりに復元された。太原の東北方、五台県の県城東方45キロの松巌口村にある。

 

ベチューン
ベチューン
0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す