劉少奇故居

劉少奇は1898年、湖南寧郷県の生まれ。モスクワの東方大学留学をへて中国共産党に入党。帰国後、 李立三らとともに安源炭鉱で労働運動を指導し、オルガナイザーとして頭角をあらわした。1925年には、 広州に設立された全国総工会(労働組合)の副委員長に選ばれるなど、その後も労働運動と組織面の実力者として 活躍。1937年の支那事変勃発時には北方局の責任者をつとめ、第2次国共合作の推進にも重要な役割をは たした。それに関連して、支那事変勃発のきっかけをつくった盧溝橋での最初の銃声は劉少奇の部隊によるものという説もある。解放後は毛沢東のあとを継いで、国家主席に選ばれたが、文革中批判され、1969年病没。 のちに名誉回復がなされ、当所に故居記念館が設けられた。故居の一角には、陳列室が設けられており、 少年時代の劉少奇が使った麦わら帽子やふとん、手紙などが展示されている。長沙の西方、寧郷県花明楼郷の炭子沖にある。

 

 

関連記事

  1. 朱徳同志旧居

  2. 奉天大和ホテル

  3. 長征 茅台鎮

  4. 黄花崗七二烈士墓

  5. 中山埠頭虐殺記念碑

  6. 満州国王宮跡