毛沢東故居

毛沢東とその家族

毛沢東の生家。泥と煉瓦からなる典型的な湖南農家の造りで、家の前には蓮の群生する池がある。入口から入ると、 正面に神棚をまつった部屋があり、その左手が両親の部屋。まんなかに古ぼけたベッドがあり、毛沢東は1893年12月26日、 このベッドの上で誕生した。となりが毛沢東の部屋で、本棚には少年時代に使った算数のテキストが保存されている。 また2階には、のちに中国共産党韶山支部をこの家に置いた際、入党の儀式を行なったとされる小部屋 がある。さらに中庭をはさんだ左手の棟は、家畜小屋と作業場で、少年時代の毛沢東が畑仕事の際に使った農具などが 保存されている。1929年に国民党の手によって一度取り壊されたが、新中国成立後に毛沢東の生家として 復元された。長沙の南西、湘潭市の韶山にある。【関連史跡】韶山毛沢東同志記念館が故居の近くにある。また、 少年時代に通った私塾跡や農民運動のさいにつくった農民夜学校跡なども残っている。

 

 

関連記事

  1. 万宝山事件跡

  2. 日本人工農学校宿舎跡

  3. 冉荘地下道戦遺址

  4. 広西右江革命記念館(百色蜂起旧址)

  5. 太平天国天王府遺址

  6. 広州起義烈士陵園