鄒韜奮故居

抗日ジャーリストの鄒韜奮が1930年から36年にかけて住んでいた家。鄒韜奮は『生活』や『大衆生活』などの雑誌を 主宰して人々に抗日を呼びかけた革命的ジャーナリストで、36年12月22日、全国各界救国連合会を結成して、 沈儒鈞・李公樸らとともに国民党に逮捕された抗日七君子の一人でもある。37年に釈放されたあとは、武漢・重慶・香港などを 転々としながら、抗日活動に従事した。1944年7月に病没。旧居は解放後に復元され、現在鄒韜奮記念館として 一般公開されている。重慶路万宜坊54号。

 

 

関連記事

  1. 淮海戦役総前委旧址

  2. 馬江海戦記念館

  3. 湖南自修大学跡(船山学舎)

  4. 鄧廷(貞)墓

  5. 陳玉成墓

  6. 中華ソビエト共和国 井崗山革命博物館