顧正紅紀念館

顧正紅紀念館

五・三○事件と、その中で犠牲になった共産党員・顧正紅に関する歴史資料館。1925年5月16日、 日本資本の内外綿第七工場で労働者と工場側が衝突、その際、共産党員の労働者顧正紅が射殺された。これに抗議する 民衆が5月30日、共同租界内をデモ行進していたところ、暴動化を恐れたイギリス警察隊が発砲、死者24名、 重傷者数十名を出す惨事となった。この 五・三○事件をきっかけに反帝闘争の機運が全国に拡大、その後の 国民政府による北伐を民衆レベルで後押しすることとなった。館内には五・三○事件に関する資料をはじめ、顧正紅が 手にしていたこん棒などの遺品、さらに労働者の管理に使われた便所札(当時は、労働者が便所でサボらないよう 便所に行くのも許可制だった)など当時の過酷な労務管理をしのばせる道具が数多く展示されている。澳門路150号。
また五・三○事件の現場となったのは人民公園に近い南京東路の康泰食品店の前。ただし事件の跡を示すものは、 壁面にかけられた小さな記念プレートのみである。なお、横光利一の小説『上海』はこの五・三○事件を背景に描かれたものとされている。

 

 

関連記事

  1. 楊靖宇記念館

  2. 張鼓峰事件跡

  3. 江西革命烈士記念堂

  4. 平型関戦役遺址

  5. 魯迅墓

  6. 淮海戦役総前委旧址