中国共産党第一次全国代表大会会址

中国共産党第一次全国代表大会会址

五四運動後、各地に誕生した中国の共産主義者グループは、1921年7月、その代表を上海に送り込み、全国的な統一組織 である中国共産党を正式に発足させた。ここはその代表大会が開かれた場所で、当時のフランス租界にある。出席したのは コミンテルンのマーリンはじめ張国熹、董必武、李漢俊、周仏海中国内外の共産主義者12名。そのなかには湖南代表 として若き日の毛沢東の姿もあった。会議では、まず各地の活動状況をそれぞれ報告した後、全会一致で中国共産党の 設立を決議。さらに今後の活動方針について話し合った。だが、4日目に密偵に探知されたため討議を一時中断、 メンバーはただちに裏口から逃走した。その後、会議は浙江嘉興県に移され、再び討議が続けられた。旧址内は、 のみかけの茶碗がそのままテーブルの上に置かれており、当時の様子が生々しく再現されている。また中国共産党誕生の 歴史的背景などに関する資料も数多く展示されている。興業路76号。淮海公園と復興公園のちょうど真ん中に位置し、 興業路と黄陂南路の公差点にある。

 

 

 

関連記事

  1. 武昌起義軍政府旧址

  2. 北伐式典

  3. 英国系銀行を略奪する中国人暴徒

  4. 中村大尉殺害事件跡

  5. 彝海結盟遺址

  6. 金銭会起義遺址