長辛店二・七記念館

二・七虐殺

1923年2月7日、京漢線沿いの鉄道労働者らが、労働組合公認を要求してストライキに立ち上がった。その際、 直隷軍閥呉佩孚は、軍隊を差し向けてこれを弾圧、長辛店の労働者を含む死者40数人、負傷者200人を出す騒ぎと なった。ここは、その二・七虐殺事件を記念して建てられた歴史博物館で、事件に関する資料や犠牲者の遺品などが展示 してある。北京市西南郊外、豊台区長辛駅の西側の公園内にある。京漢線の列車に乗り、長辛店下車。

 

 

関連記事

  1. 会寧会師遺址

  2. 旅順大和ホテル

  3. 北伐に向かう蒋介石

  4. 葛根廟事件跡

  5. 鎮南関(友誼関)

  6. 五四運動 行進するデモ隊