李大釗墓

李大釗(中央)

中国共産党の創始者の一人、李大釗の墓。1927年4月、奉天軍閥張作霖が支配する北京は、 熾烈な「赤狩り」の嵐が吹き荒れていた。こうした中、李大釗ら北京在住の共産党員は、東交民巷(天安門広場の東隣) にあるソ連大使館に身を隠していたが、強引に踏み込んだ張作霖側の官憲によって逮捕され、同月28日、 西交民巷(天安門広場の西隣)の監獄内で絞首刑に処された。処刑後、遺体は宣武門外の妙光閣浙寺に置かれていたが1933年、 共産党組織の奔走によって秘密裡に当地に埋葬された。墓前には李大釗の塑像が置かれ、 背後には鄧小平の揮亳になる記念碑が立っている。併設の陳列館には李大釗に関する資料が展示されている。頤和園の西方、 海淀区の万安公墓内。

 

 

 

関連記事

  1. 陳化成墓

  2. 五四運動

    五四運動

  3. 毛沢東故居

  4. 上饒強制収容所革命烈士記念館

  5. 元帥林(張作霖墓)

  6. 地主と軍閥の打倒を訴える宣伝ビラ