蒋翊武就義処紀念碑

蒋翊武

蒋翊武は革命結社文学社の指導者で、共進社の孫武らとともに武昌蜂起を画策した人物。だが、辛亥革命成功後は他の 指導者と折り合いが合わず政治的に不遇をかこった。1913年、袁世凱が帝政復古を宣言すると湖南で挙兵。討袁の 旗を掲げて袁軍と戦ったが、同年10月9日、ここで殺害された。高さ4メートルほどの四角柱で、正面の題詞 「開国元勲蒋翊武先生就義処」は孫文の直筆になる。市内北部、榕湖の北の翊武路にある。

 

関連記事

  1. 八路軍駐京弁事処旧址

  2. 星ケ浦海岸

  3. 陶成章墓

  4. 旅順日露監獄旧址

  5. 梅園新村

  6. 広安門事件跡