三烈士亭

武昌臨時政府

武昌蜂起のきっかけを作った3人の革命家の殉難を記念して立てられたあずま屋。1911年10月9日夜、 漢口のロシア租界で爆弾の暴発事件が発生。現場にいた革命派の1人、孫武が重傷を負って病院に運び込まれた。これを 知った清朝当局は、革命派のアジトへ踏み込み、革命党員20数名を逮捕、そのうち首謀格の3名を銃殺刑に 処した。これに対し蜂起計画が発覚するのを恐れた清軍内部の革命派は、その日の夜、ただちに蜂起に踏み切る ことを決定。ここに武昌蜂起が勃発することになった。辛亥革命成功後、3名が銃殺された通りは三烈士街と改称され、 処刑現場には3人の功績を記念して八角形のあずま屋が設けられた。湖北武漢市の武昌の三烈士街にある。

 

関連記事

  1. 鄧廷(貞)墓

  2. 旅順大和ホテル

  3. 土地の分配を求めて地主を吊るし上げる農民

  4. 上海小刀会起義旧址

  5. 橘子洲

  6. 大沽口砲台