蔡元培故居

蔡元培故居

蔡元培(1868~1940)の生家跡。もと清朝の役人だった蔡元培は、日清戦争における敗北や戊戌変法の失敗をきっかけに、官職を捨て革命家へと転向。1904年、浙江の同志と語らい光復会を結成し、その会長に就任した。辛亥革命後は、 北京大学学長として、それまでの儒教中心の学風を、実学を柱とした革新的な学風に改めた。また陳独秀や李大釗ら を教授として招いたのも彼で、その意味から五四運動を準備した功労者の一人とされる。場所は市内北部の粛山街から、 北に入った小さな路地。門を入ると中庭があり、右手が陳列室になっている。陳列室には、五四運動の際、 発表した『北京大学生と全国の学生に告ぐる書』全文をはじめ、多くの遺品や資料が展示されている。市内北部の 筆飛弄13号。

 

 

 

関連記事

  1. 三一八烈士墓

  2. 瞿秋白記念館

  3. 紅岩革命記念館

  4. 満蒙資源館

  5. 梧州中山紀念堂

  6. 長征 茅台鎮